スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

岩手県北上市で演奏会

岩手の観光[本日のネタ元]
岩手の観光
岩手県北上市の吹奏楽愛好会「アンサンブルソノリテ」が第9回定期演奏会を行う際の演目に、踊る大捜査線のテーマソングも取り上げられているようです。

12月2日(日)午後二時開演。
全席自由で前売り400円、当日500円、小学生以下無料とのこと。
お近くの方はいかがですか。
スポンサーサイト

テーマ:閑踊期 - ジャンル:映画

07 : 35 : 13 | 「閑踊期」にもかかわらず | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

マーケティングの現場にも生きる踊る大捜査線の精神

誰のためのAISASか。楽天、三木谷浩史氏に学ぶ現場視察術 | Web担当者Forum[本日のネタ元]
誰のためのAISASか。楽天、三木谷浩史氏に学ぶ現場視察術 | Web担当者Forum

マーケティングにおける現場主義とはどういうことかを、楽天市場の三木谷社長に学ぼうというコラムなんですが、この記事の中に踊る大捜査線の有名な名セリフ「事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ!」が登場していました。

会議室でツノ付き合わせてたって良い案は出てこない、じゃあどうするべきかった話です。マーケティングに興味ある人は元エントリを読んでみてください。

ところで。
せっかく引用するんなら作品タイトル名は間違えないで欲しいなぁ(^^;
人気ドラマ「踊る! 大捜査線」での名台詞
って、踊る、の後に!マークつけるのはNTVのさんま御殿だけにしてください_| ̄|○

テーマ:閑踊期 - ジャンル:映画

03 : 16 : 30 | 「閑踊期」にもかかわらず | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

Google翻訳のスゴ技にはオチがついていた!

ここギコ!: Google翻訳の結果がすごすぎる件だけど[本日のネタ元]

ここギコ!: Google翻訳の結果がすごすぎる件だけど

踊る大捜査線FANSITE~更新日記::2007.11.15(Thu)で取り上げられていたGoogle 翻訳がすごい件、他のブログでもたくさん取り上げられていました。

ちょっと探しただけでも
So-net blog:しまたん☆ぶろぐ:Google翻訳がアツいらしい
素晴らしい辞書 - 念力で洗濯機を動かそう
こっそりこりそ。:Google翻訳が凄いことになってる。 - livedoor Blog(ブログ)
と一気に3件のエントリが目に付いたくらいです。

ネタ元を辿ってみたら、本日のネタ元として紹介させていただいた、ここギコ!: Google翻訳の結果がすごすぎる件だけどにたどり着いたわけです。

確かに「踊る大捜査線」が「Bayside shakedown」と翻訳されたら、思わずヾ(*゚ο゚)ノオォォォォーーー!!ってなっちゃいますよね。

そんなわけでネタもとのエントリをつらつら眺めていたら、追記として404 Blog Not Found:もまいら、単語だけじゃなくて訳文も見れ>Google翻訳というエントリが紹介されていた次第。

単語を超訳(?)してくれるのは嬉しい機能だけど、翻訳機能としてはどうよ?というツッコミになってました(^^;

そう言われちゃ試したくなるのが人情と言うもの。
『「踊る大捜査線」は「機動警察パトレイバー」の影響を多大に受けており、随所にその片鱗がうかがえる。』という文章を、それぞれGoogle 翻訳エキサイト 翻訳 : 英語翻訳にて翻訳してみました。

Google 翻訳での結果。
"Bayside Shakedown" is a "riot police PATOREIBA" received a lot of influence, and the signs are UKAGAERU anywhere.

エキサイト 翻訳 : 英語翻訳での結果。
As for "Large network of police search that dances", the influence of "Mobile police Patorabar"
is greatly received, and it is possible to look for the glimpse everywhere.

単語自体はともかく、翻訳としてどっちがマシかは……(^^;
だって「うかがえる」を翻訳し切れなくて「UKAGAERU」って!!!(爆笑)

以上、みんなが盛り上がっている話には実はオチがついていた、という話でした(笑)

テーマ:閑踊期 - ジャンル:映画

03 : 14 : 58 | 「閑踊期」にもかかわらず | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

「踊る大捜査線」の根強い人気っぷり。

『テレビドラマ探検隊 2007秋のドラマ特集③SP(エスピー) 超人気刑事ドラマから期待の『SP(エスピー)』へ 4つの才能による豪華コラボレーションがついに実現!!』[本日のネタ元]
『テレビドラマ探検隊 2007秋のドラマ特集③SP(エスピー) 超人気刑事ドラマから期待の『SP(エスピー)』へ 4つの才能による豪華コラボレーションがついに実現!!』
10周年企画でドラマ版から映画版まですべてが放送されていた期間は、どー考えても「繁踊期」だったので、当ブログの趣旨に則り、息を潜めて閑踊期になるのを待ってました(笑)

そんなわけでぼちぼち復活します。ネタがあればですが。

久しぶりのエントリは、オリコンスタイルサイト内で、本広監督の手がける「SP」のスペシャル企画ページにて発表されていた、「好きな刑事ドラマランキング」投票結果。

当然のように「踊る大捜査線」が一位で、投票結果に寄せられたコメントからも、根強い人気振りがうかがえます(^^)
ちなみに同ページ内で発表されていた「刑事ドラマの好きな主人公」の一位も、我らが青島俊作が堂々の一位でした。

ぜひ、元エントリでお確かめください(^^)

テーマ:閑踊期 - ジャンル:映画

01 : 56 : 14 | 「閑踊期」にもかかわらず | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。